2024年

4月

19日

FAXDMの最近のご利用内容とは?

こんにちは、FAXDMマーケティングセンターお客様担当です。

 

ここ最近のFAXDMで良く目立つのは、原稿内にQRコードを入れるお客様です。

FAXDMですのでFAXでの返信や、お電話番号など様々な返信方法がある方がよろしいのですが、QRコードで自身のホームページに誘導して問い合わせフォームに、またホームページの商品説明や購入ページに直接誘導を目的とされる方など様々いらっしゃいます。

 

QRコードを記載しておけば送信先の関心がある内容でしたらすぐに詳細をご覧いただけますので、FAX返信や電話などよりハードルが低くなりますので、反応が高くなる可能性がございます。

FAXDMと相性がよいQRコード、ぜひ一度使ってみてください。

 

ただし、先方のFAX機が古いなどの場合、あまりに小さいコードですと(作成した原稿では読み込めたとしましても)、QRコードが潰れて見えなくなる可能性もございますので少し大きめに作成されることをお勧めいたします。とりあえずは自社FAXに送ってお試しいただくのがよろしいかと思います。

 

私共から御社FAXにテストFAXをお送りすることもできますので、その際はお気軽にお申し付けください。

2024年

4月

17日

FAXDM送信先にフォローの電話をしたいときは?

こんにちは、FAXDMマーケティングセンターお客様担当です。

 

FAXDMを送信した際、返信等ない場合でも送信先会社にフォローの連絡をされたいお客様がいらっしゃいます。例えば「先日FAXをお送りさせて頂きましたが、その件で〇〇ご担当者様をお願いできますか?」など、FAXを送ったことでターゲットのお客様に繋いでいただきやすくなるからです。

 

リストレンタルにて送信後、私共から送信結果として、会社名・都道府県名を記載しましたエクセルデータをお送りしております。通常はそちらをご覧の上、ネット等で電話番号をお調べ頂きフォローの連絡をされているお客様が多いです。

 

ただ私共で送信後の到達先につきましてFAX番号も含め住所やお電話番号が入っている「リスト販売」も行っております。ご希望の際にはぜひお問い合わせ下さい。

2024年

4月

15日

FAXDMへのクレーム対処やそれを避ける方法は?

こんにちは、FAXDMマーケティングセンターお客様担当です。

 

FAXDMをお客様に送りますと、DM内容に関心ないお客様などはもう送らないで欲しいとの要望やクレームが来ます。お電話などでクレームを受けた際は「今後は御社にお送りしないよう除外致します。」など丁重におっしゃっていただき、合わせてFAX番号をお聞きいただき弊社までご連絡下さい。今後、御社からご依頼頂く際には該当のFAX番号のお客様を除外して送信いたします。

 

また、クレームを少しでも避ける方法として原稿内容に以下の文言等を入れてお送りいただくことをお願いしております。

 

1.最上部に「突然のFAXにて失礼いたします。」など記載。

2.最下部に「今後、弊社からのFAXご案内が不必要な方はFAX番号のみご記入の上ご返信ください。以後御社へのFAXは止めさせていただきます。」など記載。

 

やはりお電話でのやりとりが一番時間もかかりますので、それらを避けるためにも、また記録を残すためにも、お客様からの今後FAX停止の意思はFAXで返信いただくことがよろしいかと思っております。

 

また、どこからFAX番号が分かったんだということをおっしゃるお客様のたまにいらっしゃいます。その際は私共にお聞きください。

提携リスト会社では全て合法的(公表されている)に情報を取得しており、どこからの情報か記録しておりますのでそれをご案内いたします。

 

FAXDM自体、法律で禁止されていることではございませんが、先方からのご意見やクレームに対しては真摯にご対応いただけましたら大変ありがたく存じます。

 

2024年

4月

14日

FAXDMはいつ配信すればよい?

こんにちは、FAXDMマーケティングセンターお客様担当です。

 

お客様から良くお問い合わせいただくことに、FAXDMはいつ出せば効果がある?ということがございます。

これはFAXDMで案内する内容や送信先会社によって変わってきますので一般的なことについてご案内します。

 

一番は「お客様に読んでいただきやすい時」です。そう考えますとお客様が比較的忙しくない時に届く、またはその時に見られるだろうときに送ることです。

 

一般の会社であれば、土日休み、9-17時ころまで勤務が多いかと思います。

その場合、曜日で言えば火曜~木曜日(月曜日・金曜日を避ける)、時間であればAMでしたら10時~12時頃、PMであれば13時~16時位が比較的余裕が出やすい日程・時間帯と予想されます。

他に例えば営業など外回りから帰ってくる17時頃を狙うなどもお客様によっては効果的かもしれません。美容室など月曜日お休みの会社はその前後の曜日を避けるということもご一考です。

 

一般的に余裕がありそうな日程・時間帯と、相手先の業種等に応じて効果が期待される日程でおくるなどA・Bテストのように送られるのもよろしいかと思います。

 

またご自身がFAXDMを受け取って読むのにどういう状況がいいかなども合わせてお考えいただきながら配信日程をお決め頂くのもよろしいかと思います。

2024年

4月

13日

FAXDMに「限定」は書く価値大です!

こんにちは、FAXDMマーケティングセンターお客様担当です。

 

FAXDMで何かしら返信なり反応をしてくれた特典(オファー)が必要とお話しておりますが、比較的簡単なテクニックをお話させていただきます。

 

それは「限定」文言です。限定には大きく「期間」「件数(商品・お客様」の2種類が考えられます。

期間の限定は例えば「FAXDMお受け取りから1週間限定で無料進呈!」「〇月〇日までにお問い合わせの方、特別お値引き!」など、件数の限定は「限定20個まで試供品無料進呈!」「先着〇社様、無料診断いたします!」などです。

 

「限定」内容は非常に簡単に原稿内に記載できながら、お客様を惹かせられる手法の一つです。

FAXDMでの特典(オファー)の内容が決まりましたら、これらの「限定」文言を入れられることをお勧めしております。そのままキャッチコピー・表題として大々的に案内することも効果大です!

FAXDMご利用の際にはぜひ使ってみてください。

FAXDM大キャンペーン実施中

<トピックス>

大キャンペーン実施中! 

◆FAXDMノウハウ小冊子、「8つのコツ」無料進呈! 

◆FAXDM裏話「悪質業者にご注意」をアップ!

FAXDMリスト無料件数検索
FAXDM8つのコツ無料請求

FAXDMマーケティングセンター

〒173-0004 

東京都板橋区板橋1-44-2-203

TEL: 03-6273-2263

FAX: 03-6273-2264

<スポンサーサイト>